安全への取り組み

<<< 安全に関する基本方針 >>>

① 社長をはじめ社員一同は、輸送の安全確保が最優先であることを認識し、お客様に安全・安心を提供します。

② 社員一人一人がバス事業者としての誇りを持ち、法令及び規程を遵守し、忠実に職務を遂行します。

③ 車輛の整備・点検・清掃を心掛け、お客様に常に快適な移動空間を提供できるように努めます。

④ 社員一人一人が健康管理に留意し、 常に最善の状態で安全運行ができるように努めます。

⑤ 環境に配慮した思いやりのある運転を心掛け、地域の皆様方から信頼されるように努めます。


<<< 運輸安全マネジメントの取り組み(PDF) >>>


<<< 2019年度 安全目標 >>>

※輸送の安全確保を最優先し、関係法令を遵守します

※日常点検・整備を確実に行い、事故及び運行中のトラブルがないように努めます

※シートベルト着用の推進と啓発を確実に行います

1)重大事故発生件数 0件(運輸支局への報告対象となる重大事故0件)

2)車両事故(構内事故含む)及び走行中の車両トラブル件数 0件

3)指名(リピーター)件数 5件(苦情・クレーム件数 0件)

4)個人目標の達成率 90%(新たな目標に向けての挑戦)


<<< 2018年度 安全目標達成状況 >>>

1)重大事故発生件数 0件(運輸支局への報告対象となる重大事故はなかった)

→目標達成

2)無駄な車両事故件数(構内事故含む)2件→0件

※事故となる報告0件

→目標達成

3)苦情・クレーム件数 0件  ※苦情・クレーム件数 0件

→目標達成

4)個人目標の達成率 80%  ※平均達成率 95%

→目標達成


<<< 事故に関する統計 >>> 


<<< 輸送の安全に関する設備投資 及び 設備投資予定 >>>

・ドライブレコーダー・デジタコ装備(全車両完備)

・衝突軽減ブレーキ・車線逸脱警報装置(ASV車両)は4台/8台中(50%装備)

(平成29年 大型バス新車入替済、令和2年春 小型バス新車入替予定)

(令和2年 車庫内に乗務員休憩室(冷暖房完備)設置、お客様・乗務員利用自販機設置)


<<< 安全管理伝達体制 >>>


※重大事件発生時連絡体制


<<< 安全管理体制組織図 >>>


<<< 社員教育 及び 社員研修 >>>

★安全教育の徹底(ドライブレコーダー・デジタコ・セーフティドライバーズ情報による教育指導) ヒヤリ・ハット情報の提供と共に指導・教育を実施

★事故・災害等によるバス後部非常口脱出訓練や冬期チェーン装着訓練を行っております。

非常口脱出訓練
冬期タイヤチェーン装着訓練

★救急救命士による救命訓練を行い、社員全員「普通救命講習Ⅰ終了証」を認定致しました。

※富山県バス協会による安全教育の研修への参加

四季防災館にて消火訓練を行いました。
AEDの使用、人工呼吸の訓練を行いました。

★定期健康診断の受診結果による健康管理及び指導(とやま健康企業宣言への参加)

※ドライバーには健康診断実施に加え「睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査」も毎年行っております。

睡眠時無呼吸症候群の簡易検査のイラスト

※「とやま健康企業宣言」銀 (Step1)の認定となりました


<<< 社内内部監査 >>>

安全管理の取り組み状況自己チェックリスト

監査後の措置


<<< 安全管理規定 >>>

安全管理規定(PDF)


<<<  安全統括管理者  >>>

株式会社なぎさ交通  代表取締役 長谷みつる(平成28年3月10日届出)


※「安全性評価認定★★★三つ星(貸切バス安全性評価認定委員会)」を受けております。

安全への取り組みを強化するとともに、

社員一同真心こめて快適な移動空間をお届けいたします。

公益社団法人 富山県バス協会会員です。


富山県休んでいかれ宣言★一つ星を受けております。

富山県では、観光やビジネス等で訪れるお客様の受入体制を充実させ、

富山県を訪れる方々に「また来たい!」と心から感じていただけるよう、

「休んでかれ。」宣言に取組んでいます。

星1つ